DAYM 浜松 美姿勢 美脚 パーソナルトレーニング コアコンディショニング ピラティス ストレッチポール ぽっこりお腹を解消!もうズボンの上にはのっからないお腹を手に入れる 静岡県浜松市DAYM(ダイム)~くびれ・小尻・美脚が手に入る~

静岡県浜松市DAYM(ダイム)~くびれ・小尻・美脚が手に入る~

『美姿勢』&『美脚』を手に入れるためのオーダーメイドプログラムを通して、“美”を求める女性の理想とする身体づくりのサポート

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ぽっこりお腹を解消!もうズボンの上にはのっからないお腹を手に入れる

お腹や腰回りを気にされている方は多いですが、中でも下腹部を気にされている方が多いかと思います

お腹を引き締めるために上体起こしを〇回×3セットであったり、身体を起こしながらひねるというような腹筋運動をしてませんか?

そもそも、下腹部がポッコリしてしまう原因は何なのでしょうか?


まず、姿勢の崩れが考えられますね

気にされている方の多くが猫背です

姿勢の崩れによって臓器が下に下がってしまってポッコリしているかもしれないです

臓器が下がらないようには筋肉が必要になります

ですが、上体起こしで鍛えられる腹筋ではないんです!

【インナーユニット】と呼ばれるお腹の中でも深層部にある筋肉です

中でも『骨盤底筋群』が大事になります!

最近は雑誌などでも目にすることがある筋肉です

出産された経験がある方は、尿漏れ経験しているかもしれないです

尿を止めるのもこの骨盤底筋群です

出産をすると緩んでしまうのでそういったことが起こってしまいます

字の通り骨盤を底から支えている筋肉になります


昔の女性は、生理になると骨盤底筋群を使って血をためてトイレで排出することができたそうです

果たして、できますか?

おかしな質問ですが、それだけ衰えてしまっているんですね

姿勢の崩れを生んでしまうような生活環境となってしまっているんです

だからこそ、骨盤底筋群をしっかり使いながらエクササイズをすることが重要になります!

本や雑誌にエクササイズが載っていたりしますし、フィットネスクラブのレッスンで骨盤底筋群を締めてというような指導がされます

間違って「お尻の穴を締めるように」行ってしまっている場合がありますが、これは違いますのでご注意を!!

では、どういうエクササイズが必要なのか?

人それぞれ身体は違いますし感覚も違います

カラダデザインサロンDAYMでは、あなたに合わせた方法を提供させていただきます

一緒に身体を整えていきませんか?

ウエストを引き締めるにはデコルテがポイント!
http://daym515.blog79.fc2.com/blog-entry-72.html

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://daym515.blog79.fc2.com/tb.php/73-2e8e3876

TRACKBACK